こと座流星群、今夜から23日明け方が観測チャンスか

こと座流星群が、4月22日夜から23日明け方にかけて活動のピークを迎える。今夜は、全国的に晴れる所が多い予報。地域によっては雲が多くなるものの、広い範囲で流星観測を楽しむことができそうだ。

配信元URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000003-resemom-life


アストロアーツによると、こと座流星群は、毎年4月22日に極大日を迎える流星群。1時間当たり10個程度の流星が出現し、平均光度は2等級と比較的明るい。まれに突発的な大出現が見られる。

ウェザーニューズが4月21日に発表した予報によると、22日夜から23日朝にかけては西から高気圧におおわれるため、西日本や東海、北陸西部を中心に穏やかに晴れる所が多く、広い範囲で絶好の観測日和となる。ただ、関東や北日本、東海、九州南部などは、雲が多くなる見込みで、雲のすき間からの流星観測になりそう。沖縄付近では雨が降るため、厳しい気象条件になりそうだという。<中略>

雲の広がり方や天候は、低気圧や前線の動きによって変化することもある。観測の前には、最新情報を確認するとよいだろう。夜は冷え込むため、防寒対策も忘れずに行いたい。


<用語解説>
アストロアーツのこと座特集webページ
こと座について(wikipedia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。